三ヶ月で薄くなった!シミ取りクリーム

年々シミが濃くなってきているので、シミ取りクリームを使ってみることにしました。ハイドロキノンやビタミンC誘導体、アルブチンが配合されているので美白効果が期待できそうだなと思い使い始めたんです。

美白効果のある化粧品は刺激が強いと聞いたことがあるのですが、私が使っているクリームはそんなに刺激がなくて安心できます。よく伸びていき浸透力が素晴らしいので肌がベタベタしません。とても使いやすいクリームです。

最初に感じたのは肌のトーンが明るくなったことです。くすみが気になっていたので、肌が明るくなったことはとても嬉しいですね。シミが薄くなってきたと思ったのは使用して三ヶ月経った頃です。完全には消えませんがかなり薄くなりました。

このまま使っていくともっと薄くなるかもしれないと思っています。初めてシミ取り化粧品を使ったのですが使って良かったと思います。ファンデーションを使えばシミが隠れます。今まではシミを隠そうとして厚化粧になっていたのですが、ナチュラルメイクをすることができるようになりました。

シミ取り化粧品ではありますが、保湿効果もしっかりとあり肌がプルプルになっています。シミ取り化粧品を買う時には保湿効果もある商品を選ぶと良いと思いますね。

ケシミンはシミを消す薬ではない?

 

気になるシミが頬にできたのでドラッグストアなどで手軽に購入できるシミ取りクリーム「ケシミン」という塗り薬を買って一本使いました。

私だって塗り薬の一本位でシミが綺麗に消えるなどとは思っていませんが、シミが消えると大々的にCMもされているし少し薄くなる程度の効果はあると思っていました。

でも一本使用してもまったく何も変わらないのでさてどうしよう?と思ってじっくりと説明書を読んだり、ネットで口コミを調べたりした所…なんと!ケシミンって名前だけどシミを消す薬ではなくメラニンの生成を抑えシミ、そばかすを防ぐだけの薬らしいことがわかりました。

えぇ?消さないのにケシミン?wひどいwうそつきwととてもショックを受けつつ有効成分も細かく見てみましたが、やはりそんな効果的な成分はどこにも存在していませんでした。

なんだか酷いなぁ、消費者センターに電話したいレベルです。

あ…でもケシミンって医薬品じゃなくて、医薬部外品だから名前以外は特に嘘ついているわけではなさそうなので電話するのはやめました。

確かにシミが消えます!とは説明書には書いていませんでしたし嘘つきと言ったのも取り消します。(ごめんなさい)

名前や見た目で判断しちゃいけないのは人間も薬も同じ!と良い勉強をさせていただきました。

年齢と共に気になってくるシミ

 

私自身がシミを気にし始めたのは30代になってからです。

20代の頃、日焼け対策を怠っていた私は周りからよく「10年後に泣くよー」と言われていましたが、そこは若さゆえ気にしていなかったんです。

しかし、きっちり10年後に泣く羽目になるとは衝撃でした。先輩方の話はきちんと聞かないといけないなと実感しました。

それからは日焼け対策をしっかりするように心がけていました。

しかし、シミの集まりの肝斑が目の下に出て、美白化粧品を使い始めましたが消える事はなく、よくCMで見かけるシミ取りクリームを店頭で見かけては「まだ早い」と自分に言い聞かせていましたが40代になると肝斑だけでなく、顔の至る所にシミが出はじめました。

そんな時にまたシミ取りクリームのCMを見て、これを機会に使ってみようと買いに出かけました。
ビタミンCがシミに効くと言われているようですが、本当に効き目があるのかは半信半疑で使い始めたんです。

毎日シミ取りクリームを夜に塗って寝ると一週間程度でシミが薄くなってきたように感じました。肝斑も薄くなりました。これはもしかして?と効果を信じて毎日使っているとみるみるうちにシミが薄くなってきて、ほとんど気にならない程度にまでなったんです。今ではリピーターとなって使っています。

シミに効果がある成分を見極めましょう

今、多くのシミ取りクリームとうたわれている商品がありますよね。

だからこそ、どのクリームが一番効果があるのか、選ぶのに迷ってしまいますよね。

実は『シミが取れる』クリームはごく一部なんです。シミを薄くすることと、シミが取れることとは違いますよね。

30代になってシミに悩まされるようになって、たくさんの『美白化粧品』と呼ばれる化粧品を試してきました。

でも、正直なところ、効果はいまひとつでした。実際に効果はあったのかもしれませんが、目に見えて、シミが消えたということはありませんでした。

実は配合されている成分により、シミに対するアプローチが異なることを知らなったんです。それまで使い続けていた美白化粧品に配合されているのはビタミンC誘導体と呼ばれる成分だったのです。

ビタミンC誘導体には、コラーゲン合成を促したり、抗酸化作用があったり、皮脂を抑える効果等たくさんの効果が期待できるのですが、肝心なシミに対する効果は実は、『シミの原因となるメラニン色素が作られるのを阻害する』という作用はありますが、すでにできているシミに対しては、効果がないとは言い切れませんが、かなり気長に使い続ける必要があるんですね。

そこで、本当にシミを取りたいのであれば、オススメの成分は、ハイドロキノンなんです。このハイドロキノン、本当にシミに対しては、すごい効果を発揮します。ハイドロキノンには、肌の漂白剤とも呼ばれ、メラニンを生成してしまうチロシナーゼを攻撃し、メラニンの数を減らしていくので、直接シミに働きかけ、色素を薄くしていく効果があるのです。

しかし、効果が高いだけにトラブルも多く、日本では厚生労働省により、2%以上の配合は認められていません。

ですが、2%であっても試す効果は十分にあります!

今は、ハイドロキノンが配合されたシミ取りクリームがたくさんあります。ぜひご自分の状態に合わせたシミ取りクリームを探して、トライしてみることをオススメします。

シミ取りクリームを使った時の本音

40歳を過ぎたあたりから、顔の右側にシミが目立ち始めました。

 

調べてみると、千円前後で購入できるシミ取りクリームがあるとのこと。

 

思い返すと、テレビCMでも放送されていたように思い、

だまされたと思って一度試してみることにしました。

 

説明書を読むと、毎晩寝る前に適量を塗ってくださいと書いてあります。

 

私は毎日寝る前に、半信半疑ではありましたが、

大きなシミができた数カ所に指ですり込むように塗っていました。

 

しかしながら、三ヶ月経っても効果がありません・・・。

 

一ヶ月過ぎたあたりは、気持ち薄くなったような気がして一人で喜んでいたのですが、

でも、よくよく確認してみると以前と変わっていないようにも見えてきます。

 

恐らく、光加減で、薄くなったと勘違いしたのでしょう。

 

専門家によると、シミは10年近く掛かって徐々に大きくなるとのこと。

よく考えてみると、そのように成長してきたものがそう簡単に消せるはずが無い、

と思えてきます。

 

それも千円前後の商品を使ってです。

 

仮に、薄くなるとしても、どれだけの期間塗れば良いのかも分かりません・・・。

 

私は結局、それ以降そのクリームを使用するのを止めました。

 

もちろん、まじめに使い続ければ大なり小なり効果が出るかもしれません。

 

しかしながら、そこまで我慢して効果が出なかった時のことを考えると、

やはり、やらない方が損をしないで済みます。